宮城で土地を買う時の注意

宮城で土地を買う時にチェックしておきたいところをご紹介しておきましょう。

これは宮城の土地を買うのでも、東京の土地を買うのでも同じです。

家を建てるために土地を買うと考えて、その土地代にプラスいくらかかるかがチェックポイントです。

土地代の他にお金がかかる?と思うかもしれませんが、水道の引き込みや、排水工事などの付帯工事代が別に必要になる場合があるのです。

例えば、Aの付帯工事200万円が必要な土地50坪が、坪単価20万円、1000万円で販売されています。

Bの付帯工事なしで坪単価23万円、1150万円で販売されていました。

ぱっと見ただけではBの土地の方が高いと思ってしまいますが、Aは1000万円に付帯工事費200万円がかかりますから、Bの方が安いのです。

坪単価だけしか見ないでこっちが良いと決めてしまって、後で付帯工事費が必要だとわかり、かえって損をしたという話をよく耳にします。

土地を買う時は、すでに家が建てられる状態になっているかを確認するようにしましょう。

もしなっていないのなら、付帯工事費がどれくらいかを確認し、それをプラスした値段が土地の値段だと解釈しましょう。

先ほどのAとBの土地は、ちょうど宮城の土地の値段と近いですね。

坪単価だと20万円前後だと考えておいてください。

土地を買う時は、付帯工事費が発生するかしないかをしっかり確認するようにしましょう。

※参考記事・・・【付帯工事費と相場について

そうでないと、土地によっては何百万も付帯工事費がかかります。